常連になってライブチャットを謳歌

特定のチャットレディの常連になる

最近ではライブチャット業界も熾烈な争いが行われているようです。
とくに、チャットレディ同士の売り上げ競争はかなり激しいようです。
そしてチャットレディでお仕事するなら-work lady-です。そこで人気のチャットレディともなれば月に数十万、数百万もの大金を稼ぐことが出来るでしょう。
チャットレディは限りある男性会員と言うリソースをいろいろな手段を用いて奪い合っています。
そのため、月によって収入に大きな差があることもしばしばです。
そのようなチャットレディにとって常連さんの存在は欠かせません。
特に、定期的に訪れてくれるような常連さんは安定した収入をもたらしてくれるため、自然と接客にも力が入ります。
アダルト系のライブチャットでは同じのようで、常連さんからの要求であればあまりやりたくないプレイであっても応じてくれる、ということはよくあるようです。

 

つまり、ライブチャットをより楽しむなら特定のチャットレディの常連になるのが近道です。
特に、定期的にチャットレディの元に通うのがよいでしょう。
また、チャットする時間も毎回同じくらいにした方がいいかもしれません。
毎日チャットレディの元に通ったりすれば、チャットレディにとってもあなたが気になる存在になるのは間違いありませんし、そうなればよりサービスが充実することでしょう。
チャットレディにとって常連さんを失うのは大きな痛手ですので、こちらが指定した時間帯にログインしてくれるようになるチャットレディもいます。

 

チャットレディと楽しく会話するできる魅力

ノンアダルト系ライブチャットではチャットレディと楽しく会話することができるのが魅力です。
お客さん(男性)と従業員(女性)という立場ではあるものの、楽しい会話をしたいものです。
さらに、チャットレディを爆笑させれたりしたら言うことありませんが、残念ながら相手を笑わせるのはセンスと経験が必要ですので難しいかもしれません。

 

中には、笑いと楽しさを混同している方がいます。
「チャットレディを笑わせなきゃ」という強迫観念から、ダジャレなどを連発する男性をときどき見かけます。
とくに年配者に多いようですが、失礼ながらほとんど大部分は滑っています。
しかし、本人には自覚がないため、性質が悪いと言えるでしょう。

 

笑いと楽しさは別物です。相手を笑わせなくても、楽しい会話は可能です。
共通の趣味を話題にしたり、個人的な情報を交換したりするような親密度の高い会話であれば、お互いの興味や関心を惹きやすくなります。
女性の特徴として、話の内容よりもどれだけ相手と共感できるかを重要視する、というものがあります。
相手が反対意見を持っていても構わず、話の内容が重要である男性から見るとおかしく見えますが、女性同士の会話に耳を傾けてみると、彼女たちが相手の同意を取り付けるのに必死なのが見えてくるでしょう。
この女性特有の心理を上手く利用すれば、チャットレディの心をつかむことはそれほど難しくないでしょう。